ぼっちだけど、なんとか生きてます。

    駄目人間道。それはアニメやゲームの感想やら欝日記やら統一されていない無法地帯。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)

    ドラえもんの新作映画、見るぞ! 

    「STAND BY ME ドラえもん」3DCGで2014年夏公開
    完全CG、というとディズニーでよくやってるアレ(トイ・ストーリーとか)みたくなるのかね。
    のび太とかどうなるんだろう?とか思ってたらPVがあったので貼り付けておきます。

    いつもやってるドラえもん夏の映画とかとは別に作るみたいね。
    まぁその方が客層を一般大人向けにも出来るしね。




     




    うむ。これはまさに3Dになったドラえもん映画だ。
    もっと変な物になるかと思ったけど、思いの外「あの時画面の向こうに感じていた彼ら」そのまま動いている。
    これは言い。
    実にイイ。

    これ、たぶん色んな人が思ってるのよりも、はるかに大きなプロジェクトになってるぜ。
    見た感じ原作1話からやるのかな?ってことは……子供向けではなく、すでにドラえもんを見なくなっていった世代に向けて作られてくるだろう。
    ついでに世界中のジャパニメーションFANの人たち向けにもパンチ力のあるものを持ってくるだろう。
    期待。
    期待が高まります。
    夏までマテない!!!




    ……あ、でもこの映画。
    カッポーで見に行くには良いと、すごく良いと思うよ。
    お互いドラえもんの昔話とかしちゃえるでしょ?記憶があるでしょ?
    あの道具欲しくて今でも覚えてるんの!とか
    あの場面で感動しちゃって、今でも思い出す…とか。
    話弾むと思うよー



    ドラえもんは数々の子供にとって「ともだち」であった。
    しかし僕らはドラえもんの手を離れ、現実社会という何の面白さもヤル気も起きない所で日々を過ごしている。
    目が死んでる、とよく言われた僕だけども。生まれた時にはそうであったはずがない。

    ドラえもんがおったらなあ
    ドラえもんがいたらなぁ

    道具だけじゃない。ドラえもん本体がいつも側にいてくれる。それだけでも夢だった。
    学校から帰ってきて、自分の部屋の戸をガラッと開ける(自分の部屋なんてなかったが)、するとなんか青くて丸いのが顔を上げて「あぁ、○○君、おかえり~」と微笑むのだ。

    そんな妄想をしただろう?
    いたらいいのになぁとか思うだろ?


    でもいつしか僕らは大人になって、ドラえもんに構わなくなってくる。

     アニメを見るのが恥ずかしい。
     ○○さんが出てるドラマの方が楽しい。
     歌番組は絶対見なきゃ。
     ニュースつけて、と。

    様々な理由から、僕らはドラえもんの手を話していってしまった。
    ドラ「もう君は僕がいなくなっても大丈夫かな?」
    少し寂しそうに微笑みながら、彼は成長していく僕達を見送ったのだ。
    僕たちは前へ進む。どんどん進む。
    そしていつの日か……ドラえもんと一緒にいたあの日々は忘れてしまう。
    「なんか俺たちの頃と声優変わっちゃったし違和感あるし録画してまで見ようと思わないし」
    大人になった僕らは彼に合わない理由をどんどん思いつく事ができる。

    で、そこにこの映画である。
    なんだこれはwww

    ドラえもん、柔らかそうでまるっとしてて、ふっははっほほっっっっっっっっっっっっっっほおおおおおおおおおお抱きつきたい。
    抱きしめたい。
    なんだこの質感!!ずっりぃいいいいい!!!
    こんなの……こんなの…見せられたらよううううううう!!

    蘇ってくるだろォ……
    昔の映画とか見たくなるだろぅ……
    ドラえもんに、会いたく、なるだろう……ッ
    ッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッ


    というわけで、公開、全裸待機の所存でござんす。まる。






    そういえば、山崎監督はこれでジュブナイルの映画も撮ったんだし、どう終わらせてくるのか楽しみになってるよ個人的にw
    ジュブナイルではインターネット上で広まった「ドラえもん最終回という同人作品」それを元にした映画を撮った。
    そして今回、本当に「ドラえもん」を撮影するチャンスが舞ってきた。
    さぁどうする。どうする山崎貴。

    まっ事に楽しみだなぁ!!!
    くそう!!手伝わせてくれるのなら参加したいくらいだよ!www



    あ、どうでもいいですが……
    DVD、BD化の時には是非とも「旧昭和声優版」ってのを実装してほしい。
    無理だとは思うけど、これやられたら懐かしさのあまりに第一声で泣き出す自信があるww

    オフィシャルサイト↓
    http://doraemon-3d.com/


     
    関連記事
    スポンサーサイト
    ( 2013/11/16 00:36 ) Category 映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    FC2カウンター
    プロフィール

    Qtarow

    ニックネーム:Qtarow
    誕生日:7月16日
    血液型:A型

    ようこそ我が駄目人間道へ!




    プロフィールページを見る
     

    リンク

    *上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。