ぼっちだけど、なんとか生きてます。

    駄目人間道。それはアニメやゲームの感想やら欝日記やら統一されていない無法地帯。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)

    ののにわ見てきたー 

    勝手に略してますが、新海誠監督の新作「言の葉の庭」見て来ましたー。

    劇場で円盤も売ってたので、amazonのキャンセルして購入w
    いや買っちゃうでしょ!
    見たあとに目の前で売ってるんだぜ?いつ買うの?今で(ry



     





    ご覧になる前に、金麦と板チョコをお買い求めいただくと幸せになれると思うよ?w


    というわけで金麦を飲みつつ感想文です。
    ……数本開けたんで酔ってる状態ですから支離滅裂…ってそれはいつものことか。じゃあいいや。




    まず本編の前に短編が上映されます。「だれかのまなざし」というタイトルで。
    これがまた泣ける…。何。まだ始まってないのにどうしてくれるのwww
    多分猫視点だったんだろうな…とは思うんですが、いやなんとも素晴らしい。
    何やら聞くところによると香港等では上映してないとか。
    野村建設?のタイアップらしいので仕方ないかなー。と思いつつ、こっちはこっちで良かったので円盤化希望www


    本編は……いきなり水面のシーンで心わしづかみ。
    なにこれ実写?ってくらい綺麗です。
    むしろ綺麗過ぎて実写では不可能ってくらい。

    多分円盤買う人のほとんどがここを見て決めたんではないでしょーかw
    それくらい綺麗。
    とにかく雨と水面が綺麗。
    ってか綺麗としか表現できない自分の語彙力に絶望しつつ、何度も見てため息をつくのでした。


    あと、この序盤に映る、電車から降りるリーマンの目の死にっぷりに草回避不可wwwwwwwwwwwww


    今回は声優さんの力も大きかったですねー。
    特に主人公。入野さんじゃなかったらどうなっていたことかw
    見た目がすごいホモっぽい顔付きなのでwww←偏見

    花澤さんも声で助かってる感じですね…。
    見た目と役あり的に嫌な印象を受けやすいので、花澤香菜さんの優しい声でだいぶ和らいでる気がします。
    良いですねぇ。実に良い。
    ……でも、最後彼女は結局想いに応えてません、よね?
    オーディオコメンタリー聞いてもそんな感じだったので…。本編後はどうだかわかりませんが。
    そういう意味では秒速より全然救いがあるのか?

    といいますか、秒速みたいなノリを期待していたら全然違ったの巻。

    二人の主人公のうち、どうしても境遇的に雪野先生に肩入れしてしまう…。
    すごいよくわかるんですよ。
    鬱で休職してたからかもしれないけど…。どうにも自分の無駄にした1年を重ねてしまって……。
    監督はコメンタリーでずるいずるい言ってましたが、しょうがないんですw
    誰だってイッパイイッパイなんですよ!自分の事を守るので精一杯なんです!!
    それが上手く描けてたと思います…。
    先生と年齢同じなのも原因かな……ってか体育教師のお前…許すまじ。

    先生と坊主の違う所はやはり立場でしょう…。
    まだ学生の彼は学校に行けば話す友人がいて、先生には恐らく居なかった。
    元彼?は居ますけど、相談できる状態ではないでしょう。
    共感もしてくれないでしょう。
    「誰にも頼れない」それがいかに、どんなに大変で辛いことか…。
    よくリア充という言葉がありますが、あれは別に彼女彼氏がいる人、をさす言葉ではありません。
    その名の通り、リアルが充実している人。
    同性でも友人やらと笑い合える人を私はリア充だと思っています。

    話ズレましたが、雪野先生は誰にも話せなかったのではないでしょうか?
    会話をする人がいなかった、という意味ではありません。
    ここは本当のぼっちにしかわからないと思うのですが……なんていうか、仲の良いと感じる人が皆無だったのではないかと。

    わかりますか?誰にも相談出来ず全部自分で決めて、全部自分で選んで、全部自分で責任をとることの重荷が。
    傷を舐め合うことすらできずに一人で耐える日々が。
    自分は異常だとわかっていながらどうすることも出来ずに自己嫌悪し、救いを求める事が。

    先生の姿を見るのは実に辛かったです。
    どうしても自分の嫌な所をつきつけられるようで。
    状況は全然違いますが。


    「学生」というカテゴライズは非常に貴重です。
    学校に行けば話す友人がいて、好きな人がいて、勉強をして、日々を過ごしていく。
    これがどんなに素晴らしいことであるか…。




    でも僕は新海誠監督の描く日常の風景が大好きなので、こういった話は大歓迎ですw
    ちょっと心に痛いですけど(/_;)
    といいますか、なんでこんなに綺麗な風景を描けるんだろうか…。
    特別な風景を描いてるわけではなく、ありふれた日常なのに、どうしてこんなにも美しいと感じるのか。

    パンフにも書いてあったが、新海誠監督は「日常は見方次第で綺麗に見える」と言いたいのだろうか?
    今の自分には汚れきって綺麗とは思えないけど…。
    視点を一度変えてみる事が大事なんではないだろうか……と思ってみたり。


    というかDQNグループ。てめぇらはマジで許さねぇ……。




    関連記事
    スポンサーサイト
    ( 2013/06/02 20:37 ) Category 映画 | コメント(0) | トラックバック(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    FC2カウンター
    プロフィール

    Qtarow

    ニックネーム:Qtarow
    誕生日:7月16日
    血液型:A型

    ようこそ我が駄目人間道へ!




    プロフィールページを見る
     

    リンク

    *上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。