ぼっちだけど、なんとか生きてます。

    駄目人間道。それはアニメやゲームの感想やら欝日記やら統一されていない無法地帯。

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)

    還りの会で言ってやる(感想) 

    メディアワークス文庫から出ていた「還りの会で言ってやる」を読みました。
    イラスト買いなのは秘密だww


    メディアワークス文庫は何かよくわからない本を時折出してくるので油断ならないのですよw
    ラノベという区切りではないような…そうなのな……。そんな不思議なジャンルをよく出してるイメージです。


     


    この還りの会、話の展開やキャラクターはとてもラノベ的なのですが…
    通常ならば「部活物」となるようなこの話、全然部活動ではないのです。

    ダメ人間を矯正させる事を目的としたサークル活動……。
    それが還りの会、ということらしい。

    ちなみに活動場所は登場人物の一人の家。


    あらすじを読むとちょっと重い話なのかと身構えてしまうかもしれない。
    以下要約
    幼馴染がイジメられていた。だが主人公は見て見ぬふりをし続ける事しかできなかった。
    でもやっぱり行動しようとした矢先、変な大学生の男が現れ、幼馴染をダメ人間だと糾弾する。
    だが男はそんなダメ人間を矯正するサークル、還りの会を作り上げ、イジメっ子へ復讐をすると言い出した。
    のだが――

    イジメの様子は事細かくは書かれない。
    というか全体的にユーモアを交えつつ話が進んでゆく。あたかもライトノベルのように。
    しかしそのイジメの様子は容易に想像が出来てしまう。そしてその想像に吐き気がする。

    これは俺自身のトラウマなのかもしれないが、本当に嫌だった。
    あいつらを社会的に抹殺、撲殺、刺殺しようと思ったりもした。

    そんな過去と幼馴染の現状が重なって見えて、俺はどっぷりと感情移入し終わってしまった。


    イジメられていた幼馴染
    そのイジメに気づきつつも行動を起こせなかった主人公

    二人のキモチは痛いほどわかる。
    ……気がする。


    どちらの立場にも立ったことがある身としては居たたまれない気分だった。
    救いだったのは「ライトノベル調の軽い文体だった」からである。
    ボケとツッコミ、そして可愛い女の子。
    これがなかったら途中で読むのをやめていたかもしれない。

    ……しかし、これはライトノベルに分類していいんじゃないだろうか?
    といいますか、劇中でユーマンとかの挿絵が見たかっただけなんだけどね!!
    表紙買いしただけあってな!!





    つかこれ続いて欲しいなぁ…。
    それでもってアニメ化なんてしちゃったりしてw
    すごい見てみたい。




    関連記事
    スポンサーサイト
    ( 2012/08/27 23:29 ) Category | コメント(0) | トラックバック(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    FC2カウンター
    プロフィール

    Qtarow

    ニックネーム:Qtarow
    誕生日:7月16日
    血液型:A型

    ようこそ我が駄目人間道へ!




    プロフィールページを見る
     

    リンク

    *上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。